国際陶磁器フェスティバル美濃’11

公式ガイドブック先行発売


国際陶磁器フェスティバル美濃’11 公式ガイドブック

国際陶磁器フェスティバル美濃’11 公式ガイドブック

9月16日―10月23日に開催される「国際陶磁器フェスティバル美濃11」。その公式ガイドブックが完成、4月9、10日に開催された「たじみ陶器祭り」の会場で先行発売された。現在セラミックパークMINOでも先行販売されており、8月3日から書店やコンビニでも販売する。同フェスティバルで公式ガイドブックが発刊・販売されるのは初めて。

同ガイドブックは今回のフェスティバルのコンセプトである、世界を代表するコンペティションの「国際陶磁器展美濃」のアカデミックな部分と、多治見、土岐、瑞浪の地元企業が一体となった美濃焼のブランド構築や産業振興・地域振興事業との2本の軸をアピールするためのもの。総合プロデューサーの神谷利徳氏が企画した。同氏は「美濃焼を伝えるには、まず美濃という地域をわかってもらわなければ意味がない。地元の名所やレストランガイドなど、旅行ガイドにも使える作り。飲食店には、美濃焼の食器を使った提案も行った」と語る。

内容は「国際陶磁器展美濃」をはじめフェスティバルのイベント詳細、美濃焼1300年の歴史、多治見、土岐、瑞浪の観光スポットややきものショップ、グルメマップなど、美濃焼と美濃地方の魅力が凝縮されている。

発行は同実行委員会で企画・制作は㈱流行発信(名古屋区中区)。AB判148ページで800円。同実行委員会・セラミックパークMINOでは通信販売も受け付けている。

国際陶磁器フェスティバル美濃’11 公式サイト

陶業時報BOOKSで購入 »

 

  • テーブル&キッチンウェアEXPO