「陶芸」の教科書 [著]矢部良明ほか


このほど「『陶芸』の教科書」(B5判、128頁)が実業之日本社から刊行された。

togeinokyoukasyo

 すべての項目がQ&A方式でわかりやすく記載されている。陶芸の趣味を1から学びたい人に好適だ。構成は、土や釉の原料、成形から焼き方までを解説した「技法編」とやきものの歩みが簡潔にわかる「歴史編」からなる。

 

Q&Aを読み解きながら、初心者に必要なやきものの技法や歴史が具体的に体得できる作りになっている。編者は、美術館館長の矢部良明氏と「つくる陶磁郎」編集長の入澤美時氏、陶芸家の小山耕一氏。

(実業之日本社、定価1900円)

  • テーブル&キッチンウェアEXPO